おにわソフト(旧:にわ製作所)

おにわソフト概要

名称おにわソフト
運営者丹羽信夫(にわのぶお)
業績1980年代後半から90年代前半にかけて、パソコンを題材に多数のキレ味鋭い文章を月刊アスキーなど多数のパソコン雑誌に連載。
当時の代表作は、連載「低レ研」と続編「追及」であり、月刊アスキーの記事アンケートで上位下位3位に同時ランクインした。
単行本の代表作は、技術評論社刊「かんたんパソコン入門」で、25年以上現役本として販売されるロングセラー本となっている。
 最新刊は『理解するほどおもしろい パソコンのしくみがよくわかる本』(2017技術評論社)
  プログラマーとしては、ソフトバンク社刊のプログラミング専門誌「Cマガジン」に5年間に渡り寄稿するとともに、NECのPC98シリーズパソコンのためにMS-DOSで動作するソフトを精力的に開発。技術評論社の雑誌『パソコン倶楽部』の創刊号から25回にわたり雑誌付録に収録するソフトを開発した。その他、学校の教材ソフトなどを作成。Windows時代になっても多数のソフトを発表した。
フリーソフトの代表作は、累計ダウンロード数10万を超える宛名ラベル印刷ソフト「あてなー」。
過去の主な連載雑誌(12回以上連載した雑誌)は、月刊アスキー(1991年7月号~1992年9月号「低レベルソフトウェア研究所」、1992年10月号~1993年4月号「丹羽信夫の追及」)、Oh!PC(ソフトバンク)、パソコン倶楽部(技術評論社)、DOS/V fan Special (毎日コミュニケーションズ)、MacUser 日本語版(ソフトバンク)、MacintoshWire日本語版(ソフトバンク)、C MAGAZINE(ソフトバンク)。
その他、単発記事、特集記事、製品レビュー多数。
その他のメディアとしては2007年から2008年、FM群馬(86.3MHz)の「イブニンの扉」に毎月第1月曜日の午後6:30ころから、群馬県在住ITジャーナリストとして1年以上にわたり出演。
 その後、ITジャーナリスト、フリーのプログラマーとして活躍する一方、数学塾(館林市)、ウクレレ教室(館林市、春日部市、草加市)を運営。
 2017年に東京都台東区上野でも活動開始した。
使用プログラム言語Delphi(Object Pascal)がほとんどで、PHPがまあまあ、C#が少々
定員勉強会は最大で5名程度
電話070-5569-8296
電話しても留守電になっている場合は用件を録音してください
メールinfo@oniwasoft.com